内職

内職ってどこで探すの?求人の効率的な探し方!

内職の探し方

内職を探しているけど、なかなかみつからなくてどこで探したらいいんだろうと疑問に思ったことはありませんか?

この記事では

  • 内職を始めてみたいけど、どこで探したらいいのかわからない
  • もっと効率の良い探し方があったら知りたい

という方のために、内職の探し方と実体験を含めたその様子をシェアしていこうと思います。

案内人
案内人
Let’s 家でできる仕事探し♪

内職の探し方

内職を探す方法は大きく分けて3つあります。

一つ目は、地元の市役所にある内職相談窓口

二つ目は、クラウドソーシングサイト

三つ目は、求人紙や店舗などへの張り紙

です。

では詳しく見ていきましょう。

市役所にある内職相談窓口で相談する

しばらく腰を据えて内職をやりたい!と思っている方はこちらが一番おすすめです。

まず、インターネットで「○○市(自分の住んでる所)+内職相談」と検索してみましょう。

内職検索

 

そこで市役所など、信頼できそうな情報が出てきたらそこに相談に行きましょう。

田舎の方だと窓口がない場合がありますので、そのような場合はハローワークや市役所に聞いてみるなどして、情報を集めましょう。

さて今回は、相談窓口があった場合どんな手順で相談が行われていくのか詳しく解説していきます。

 

相談

私の地域の場合、市役所の中にハローワークとは別で内職相談窓口が用意されており、週に2回窓口が開いています。

相談に行くとまず、内職先の候補が一覧になった紙を3~4枚ほど渡されます。

一覧表

そこには、内職募集先の会社名、住所、電話番号、仕事内容、単価、NG項目

などの情報がズラーっと並んでおり

私のいったところでは、およそ30~40社くらいの募集の一覧がありました。

うさこ
うさこ
へぇ~そんなに募集してたんだぁ~!

ですが、今はコロナの影響もあり内職さんの仕事も少なくなってきてる所が多いようです。

気になるもの見つけ、詳細を聞いていくといった具合で相談が進んでいきます。

もし、やりたい内職の種類が決まっているなら、その種類に絞って相談員さんが一緒に探してくれます。

ちなみに私のおすすめの内職はこちらの記事をご覧ください

https://naisyoku-blog.com/osusume-naisyoku/

 

気になる候補を絞ったら、職員さんが募集先の会社に電話で状況を確認します。

電話する職員

その後、電話を引き継いで、本人が詳しい仕事内容や単価などを聞いて、説明を聞きに行く段取りをとります。

内職相談の流れは以上になります。

内職は、ハローワークの求人と違って、ほとんど増えることはないようです。

ですので、こまめに探しに行くというよりかは、じっくり自分に合った求人を見つけ出すことが大事になってきます。

クラウドソーシングサイトで探す

二つめはクラウドソーシングサイトで応募するという方法です。

こちらは、気軽に始められるので、お試しでやってみたい方にはおすすめです。

後、パソコンが得意な方も、在宅ワークなど様々な募集がありますのでおすすめです。

登録料は無料です。

主なサイトに

などがあります。

今回はクラウドワークスを例にとって内職募集の探し方を解説します。

まず、会員登録をしていただいて、

丸でかこってある、「仕事を探す」をクリック

クラウドワークス

仕事のカテゴリーにて、「事務・カンタン作業」をクリック

クラウドワークス

内職・軽作業」をクリックします

クラウドワークス

 

すると、自宅でできる作業の一覧が表示されます。

私が見た限りですと、発送作業や商品モニター、アンケートなどが多いようです。

こちらは、応募して必ず採用になるわけではありませんが

採用されて、きちんと仕事をこなすことができれば、実績から信頼を得て単価も上がっていきます。

ステップアップしやすい仕組みになっています。

 

 

求人紙や張り紙で探す

たまに、新聞の折り込み広告や店舗への張り紙などで内職の求人募集を見かけることがあります。

内職は近ければ近いほど続けやすいので、近くで内職募集の張り紙がはってあったらまたとないチャンスでしょう。

ですが、上記2つの求人に比べて数が少ないですので、自分から見つけに行くというよりはあったら反応する、というスタンスがいいでしょう

まとめ

いかがだったでしょうか?

家でコツコツ手作業をやりたいかたは、内職相談窓口へ。

頭脳労働で高収入を狙いたい方はクラウドソーシングサイトへ登録してみましょう。

あなたの第一歩を応援しております♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。